« November 2016 | Main | February 2017 »

January 14, 2017

年末年始 京都~伊勢志摩 旅行1日目 観光(二条城と安井金比羅宮、祇園花小路通り)

さて、木乃婦さんで、ランチをゆっくり食べた後、
この中途半端な時間を何処に行こうと考えて、
世界遺産の二条城に行く事に。

二条城は、それはそれは素晴らしいお城です。


京都の親戚のおうちが二条城の近くなので、
昔から京都に来ると、ちょっくら行くのが二条城なのですが、
一緒に行った連れは、行った事ない京都初心者で、
是非案内してあげたかったのです。

しかし、あいにく、年末年始の28日は、庭園しかやっていませんでした。
すっごい残念。

で、広い日本庭園を散策。
立派な門や車寄せを見ることができました。
ここで偉い人が、同じ庭を見ていたかと思うと、ワクワクしますね。
景色も素晴らしく、さすがです。

でも、二条城って庭園もいいけどね、やっぱり中が素晴らしいのです。
大河ドラマで見る様な大広間そのままなんですね。
それの本物なんです。
将軍がいて、ずら~~っと大名がひれ伏す、あの大広間。
大名連中がランクによって、待ち部屋が違ったり。
ここに、本物がいたかと思うと、感慨深い。
確か、人形がところどころにいて、非常に想像力掻き立てられました。
それにね、屏風とかがすごいの。教科書に出てくるようなやつがいっぱい。
迫力も違います。
音声テープもところどころにあり、詳しく解説してくれます。

ただね、管轄がお役所だからか、
年末年始、内部の入場は、かなり前に休城になるので
気をつけて下さい。
こう外国人が多いと、やっぱり年末年始、やった方がいいと思うなぁ。。
特に年末年始は、日本もお休みに入るし。
是非とも、この素晴らしいお城を、いろんな人に見せてあげる為にも、
年末年始も公開した方がいいと思うのですよ。。

さて、気を取り直して、
今度は、祇園近くにある、安井金比羅宮へ
バスにて向かいました。

私も今回が初めてだったのですが、
こちらは、縁切りで有名な神社だそうです。
縁結びは沢山あれど、縁切りというのは、なかなかないですね。
でもね、縁切りだけじゃなく、
悪縁を切って、良縁を結ぶそう。
カップルで来ている人もいたし。
紙に願いを書いて、割と小さな碑の穴をくぐって縁を切り、反対から穴をくぐって良縁を呼ぶとか。
そして、紙をその碑に貼り付けるのですが、皆の願いがいっぱい貼られていました。
この穴がそれなりに小さくて、うんしょ、うんしょ、って感じでくぐる。
面白い体験でした。

そして、今度は、表通りを出ずに、建仁寺の方へ抜けると、
その界隈は、もう祇園です。観光客いっぱい。
花見小路通を抜けて、祇園らしい風景に皆写真を撮っています。
小さい頃に、祇園をどりを観たなぁ・・・。
何年か前に伯母と一緒に通りながら話していた事には、
昔は御茶屋さんが多かったけど、最近は料亭(割烹)が増えてきたって。
そして、今回行って、その頃よりももっと様変わりした様な気がします。
オープンな割烹や割烹以外のお店もちらほら増えてきました。
メニューとかも表に出ていて、安心。
入りやすくなったのだと思います。
このコースで行くと、四条通りの手前(角)に、ひときわ目立つ、他の建物とは一線を画す一力さんという御茶屋さんがあります。
その別格さと言ったら、祇園商店街復興組合ホームページが、「祇園の中でも最も格式の高い、由緒ある「お茶屋」」と表現するくらいです。
朱色とも違う、日本独特の紅色と黒の壁が、一際目立ちます。
暖簾の向こうには、ピンと張り詰めた空気が漂っていそうな。
暖簾の向こうは、別世界なんでしょうね。

そして、かなり歩き疲れながら、四条通りの商店街を散策しながら、ホテルに一旦帰りました。

January 12, 2017

年末年始 京都~伊勢志摩 旅行1日目 木乃婦のミニ懐石ランチ

まずは、1日目最初は木乃婦でミニ懐石ランチです。
12時に予約していました。

新幹線に乗って京都に11時前くらいに着いて、
ホテルへ向かってまずは荷物を置かせてもらいました。

京都駅について、まず、した事。
それは、「市バス・京都バス一日乗車券カード」を500円で買う事。
この一日乗車券カードは最強です!
なんといっても、京都市内の観光地、ほぼ全域を網羅していて、何回乗っても1日500円。
通常は、1回230円均一ですので、3回乗れば、元は取れてしまいますョ。
京都駅のバス乗り場の自販機でも買えますし、大概のホテルで購入可能です。

さて、本題。
ホテルに着いて、
そこから、歩いて20分程で、
京料理 木乃婦 さんに着きました。

今回、京都に来て、一度は京料理を堪能したいと思っていました。
松花堂弁当ではなく、できれば懐石っぽいのがよくて、
値段もそこそこで、となると、
京都で探すのってちょっと大変でした。
みんな、それなりに高いのです。
夜は万単位になってしまいますしね、
やっぱり平日ランチが狙い目です。
幸い、年末年始でも、人によってはまだお仕事の人もいる28日の水曜日。

予算は、一人5千円くらいで、、と探していたら、平日限定ランチで、
木乃婦さんのミニ懐石ランチに辿り着きました。

辿り着いたといっても、実は、この間、京都の親戚を訪ねた時に、
木乃婦さんの、お弁当を食べる機会があったのですが、
色とりどりで、またお弁当箱いっぱいに京料理が敷き詰められていて、
とっても美味しかったので。
電話で事前予約しておきました。

木乃婦さんは、京都っぽい雰囲気満点の佇まいで、奥に奥に入っていくと入口があり、
店員さんが出迎えてくれました。打ち水されているのが、いかにも京都で、嬉しくなります。
通されたのは、2階。
案内されたところも、広々していて、落ち着いた雰囲気。
窓からの景色が開放的です。
今回、個室ではなかったものの、広々としていて、
私たちの他に、2組いらっしゃいました。
同じコースの人だったみたいですが、かなり離れていて、
ゆ~っくりとくつろぐ事ができましたョ。

お料理は、とっても美味しかった~。

お料理、一部の写真です。(しかも順不同)

こちらは、天ぷら。衣に工夫がされています。ただの衣だけじゃなく、湯葉の衣、ジャガイモ細切りの衣とかとか。
Img_0556

ホタテのすり身。ゆずとホタテの香りが蓋を開けた瞬間に漂いました。
器も素敵。
Img_0555

煮物。色が鮮やか。目でも楽しめました。
Img_0558


最後に出たデザートの写真。
京都のデザートを凝縮していて、いろいろ楽しめました。
Img_0561

写真は撮り損ないましたが、ゴマ豆腐をお出汁とわさびで食べておいしかった~。
こういうところのゴマ豆腐は、いつも美味しくて、自宅に帰ってスーパーとかで自分で買ってみるのですが、
なんか違うんですよね。当たり前ですけど。

今度から、こちらで頂いた様に、お出汁とわさびで食べてみようっと。

とっても、満足でした。

January 05, 2017

2017年年末年始 京都~伊勢志摩 旅行 コース概要

明けましておめでとうございます。
更新、ちょっとずつですが、今年も宜しくお願いします。

さて、2017年の年末年始で、
京都~(名古屋)~鳥羽・志摩~伊勢神宮
へ4泊5日の旅行に行ってきました。

4泊5日という長い旅行は、本当に久しぶり。

なかなか良いコースだったのでご紹介です。

1日目 12月28日 京都
京都着後、ミニ懐石を堪能後、二条城へ行き、安井金比羅宮へ。

2日目 12月29日 京都
竜安寺、金閣寺、銀閣寺、哲学の道、清水寺のほぼ世界遺産コース。

3日目 12月30日 京都
嵐山方面(鈴虫寺、渡月橋、天竜寺、竹林
名古屋ではグルメ堪能?!

4日目 12月31日大晦日♪ 伊勢志摩
レンタカーにて鳥羽・志摩堪能
夜はおかげ横丁に繰り出す。(大晦日はおかげ横丁オールナイト)

5日目 1月1日元旦! 伊勢志摩
早朝から伊勢神宮初詣。

交通手段

京都と伊勢志摩は美味しい物がいっぱいなので、
宿代と交通費はできるだけ削る様にしました。
まず、京都までは新幹線でしたけど、帰りは青春18切符を使いました。
なにせ、青春18きっぷが社会人の長期休暇で使えるのはお正月くらいなのです。
(GWもお盆休みも18きっぷ外れているのよ。。)
40過ぎで青春18きっぷ?!という心の声はこの際無視して・・・挑戦です。
まあ、18きっぷで東海道を半日かけて帰ってきたのは、それなりに辛かったけど、
思ったより、大丈夫だった♪というのが率直な感想。
それよりも、その前のスケジュールが海外旅行並みにてんこ盛りでして・・・。
京都や伊勢志摩に行った事ない人には、良いモデルコースであったと思います。

必須アプリ
●yahoo!路線図
これ、駆使しまくり!バスでも使えました。特に京都のバス。
●Google
地図や道順の活用に少々使用。
使用頻度はそんなに多くないものの、徒歩で行くのが早いのか、バスで行くのが早いのか。。という時に使いました。あと鈴虫寺、ちょっと奥まっていて、少し道案内してもろた。


では、次回からは旅行記です。
乞う、ご期待♪

« November 2016 | Main | February 2017 »

リンク

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールフォーム

  • お気軽に問い合わせ下さい♪

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ