« テーブルウェアフェスティバル2012♪ その他もろもろ | Main | 血と骨 »

March 10, 2012

山下達郎の蒼氓(そうぼう)

山下達郎さんの蒼氓という曲をご存じだろうか。
ジャックスカードのCMの曲と言った方が有名だろうか。
まず聴いてみれば絶対1度は聞いたことがある曲。

金曜日の朝、会社に行く時にNHKラジオでかかっていました。
多分、3.11の震災を意識してラジオ局がかけた曲。

歌詞をじっくり聞きながら運転をしていたら、
意識もしないのに、ポロポロと涙が出て来てしまいました。
歌で、泣いたのは初めてなんだと思う。


「 生き続ける事の意味・・待ち望んでいたい・・」
正直、ここ何年かとか、特に震災があってか、仕事などの環境がガラリと変わったせいか、自分の気持ちはこんな感じなんですね。

生き続ける事の意味・・・分かんない。。。

あるドラマでも言ってたし、ある精神科医の先生が言う事には、「人生は最初から辛いもの」なんだそうです。
薄々は感じていたケド、最近それなりに納得する事。
最初から辛いと思ってないから、折れやすいのだそうで。。。最初から辛いって思ってれば、こんなもんかって思えるでしょって書いてあったような。。ある意味納得。
ドラマでは、「苦しんだり悲しんだりしちゃダメなんだよね ただでさえ生きるのは大変だから」という台詞がありました。人生は最初から大変なものだから、苦しんだり、悲しんだりはあっさり放棄しちゃいなさいという感じ。納得。


昨日震災のニュースを聞きながら両親と避難の話になった時、父が万が一の時は両親はいいから自分だけは逃げなさいと誠しやかに言いました。。。でも、、「正直、1人で生きてける自信なんてないから、お父さんとお母さんを助けるよ。お父さんやお母さんなら一人でも楽しく生きてけそうじゃん。」と淡々と私。。父蒼白です。すぐにこの話は撤回されました。一人っ子の本音なんて正直こんなもんです。時々、、、悪い意味ではなくて、両親の為に生きてるって思う時があるし、こういう意味で両親が生かしてくれてるとも思う。


ここ最近、史上最高に自分に自信がなければ、自分が嫌いで、最近はやることなすこと裏目にでて、自分自身性格とか含めてブレまくっているのを感じています。(ある意味環境のせいなんだけど。。環境のせいにしててもいけないよね。。)それで超自己嫌悪になります。言うなればぐちゃぐちゃなブレブレな感じ。

まさに歌詞にあるように、、
憧れや名誉はいらない
華やかな夢も欲しくない
生き続ける事の意味。。
。。わからない。。

でも、歌詞はそういう、生き続ける事の意味を待ってなさいって言ってるのかな。。

死ぬ気になればなんでもできる
と、テレビなんかの波乱万丈番組とかで言ってるけど、いまいち納得いかなかったのです。
死ぬ気になればなんでもできると言われても、、そう簡単にはそうは思わないんだよなぁって。
でも、あれにはかなりの補足が必要と思うのです。
最近思う事、死ぬのを想像するって多分誰かが悲しんでいるのを見れるとかそういうたぐいの事、少なくとも頭の底では思ってるんじゃないかな?でも、最近思うんだけど、そんなのなくって、死んだら本当に終わりだと思う。あ、これもありきたりな表現で、ちょっと違う。。なんでしょう、、文化的に、うちら日本人は(どの国の人もそうだろうけど)絶対宗教観は入ってるんです、自分の考え方の中に無宗教でも宗教的な感覚ってどの文化でも。でも、実はそんなの錯覚で、死んじゃったら、きっと感情とかも、完全になくなってしまって、そんな考え自体や自分自身も存在しなくなるって思うのです。自分なんて感情から何からホント、どこにもなくなってしまう。シビアにです。
そしたら、多分、死ぬのって意味がないんだと思う。。。だから死んで楽になれるって今思ってるなら、それを生きたまま実践すればいいんだと思う。それが、皆の言う、死ぬ気になればなんでもできる、なんだと思う。。生きたまま実践するってどういうの?それは例えば一番手っ取り早い方法では、環境=住む場所を変えちゃえばいい。自分の所属場所を変えちゃえばいい。生きてさえいれば死ぬ気になって家出したっていいし、仕事辞めちゃえばいい。どっか引っ越しちゃえばいい。幸い、日本という国は、南北問題でいうと北だから、本当の意味で餓死する事は実はありえない。
性格が嫌なら、自分が一旦死んだと思って違う人になりきっちゃえばいい。って、死ぬ気になればなんでもできるってそういう事じゃないかって、思えてきた今日この頃。


ぐちゃぐちゃでブレブレで、今、ホントどうしようもないんだけど、、、
ブレブレで、自分が嫌いでしょうがないんだけど、
人にグダグダ言ったり、ダラダラとひきずったり、うだうだ頼りたくなってしまうところを我慢して、(もう少しFさんの様にストイックに淡々と強くなる)
自分を見つめなおし始める事が必要なんじゃないかなって思った一日でした。
見つめなおして、ブレブレにならない方向の「選択」をしていく。。

この歌も、、どんな人も皆こんな感じで不満足で生き難いと感じながら生きてるって教えてくれるし、
それはそれとして、ただ何もしないで、風に浮かぶように、漂うように、「その時期」を待ってればいいって言ってるんじゃないかな。。


« テーブルウェアフェスティバル2012♪ その他もろもろ | Main | 血と骨 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82386/54183245

Listed below are links to weblogs that reference 山下達郎の蒼氓(そうぼう):

« テーブルウェアフェスティバル2012♪ その他もろもろ | Main | 血と骨 »

リンク

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールフォーム

  • お気軽に問い合わせ下さい♪

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ