« テーブルウェアフェスティバル2012♪ 洋テイスト | Main | ものすごくうるさくて、ありえないほど近い »

February 27, 2012

劇団四季ミュージカル CATS (感想)

前回は、CATSの予習について、「劇団四季ミュージカル CATS (初めてでも楽しく観る方法)」の記事を長々書き、その後テーブルウェアフェスティバルの興奮からそちらの記事を書いちゃって、やっとこさっとこ、CATSの感想デス。

私、この手のミュージカルは、ニューヨークのブロードウェイで「オペラ座の怪人」を観た事があり、四季の「コーラスライン」も観たことがあり、どちらもすっごく感動して大好きな作品になったものだから、キャッツは果たして、この2つに比べるとどうなんだろう。。と思っていたのですが、同じくらい感動しました。感動の質は違ったけれども、キャッツの感動は、、そうですね、、「じわじわと来る感動」でした。

何が良いって、舞台演出が良い。。踊りが良い。。歌が良い。。って感じです。


歌。。あの歌は、マイク?生歌?って友達と話しになりました。多少マイク(声を拾うマイク?)なのかな。。ってのが私達の結論だけど、どうなんだろう。。


舞台演出は、、道具?って言うんでしょうか、、セットとか仕掛けもとても凝っていて、とても楽しかったです。今でも、仕掛けでどうなっているのか分からないのがあります。
長老猫とかがタイヤで登っていくところとか、なんで浮いてるんだろ??って純粋に思っちゃった。
いろんな道具を使って、楽しい事をやってくれます。

あと、演出も、役者さんが通路を通ったり、猫だから、通路を這ってきてくれます。それがメイクも手伝って、本当に猫みたいで、恐いくらいでした。多分、ランパスキャット(高城将一さん)だと思うけど眼力もスゴイ。。私はどうしていいか分からなくなって目をそらしちゃったけど、(ま、元々カマキリにも負けるくらいだから。。)友達はガン見したと言っていました(^^)はは。
最後は握手とかまでしてくれた。
これも、友達から前情報で、通路の席はそういうのがあるから、通路側が良いって事だったので、そうして正解でした☆


踊りは、ミストフェリーズが見せてくれます。多分、ダンス一番うまい役者さんが来るんでしょうね。他より半端なく、踊りまくります。ダンスがすごいので、この猫のシーンが一番ダンスで感動したかも。。というか、ここで自分のテンション一気に高まりました。


それから、T.S エリオットが原作でして(エリオットは英文学専攻なら絶対に耳にする存在ですよね。。)、エリオットは非常に宗教色が強い作品を残したとの事ですが、言われてみればキリスト教観が随所にあふれている、と見ると面白かったです。娼婦猫グリザベラ、先の楽しむ法でも紹介した「ミュージカル『キャッツ』の原点に帰る―猫になりたかった詩人・エリオット」に言及されている通り、私も一瞬、聖書のマグダラのマリアが浮かんだし、昇天というイメージがキリスト教観あふれてます。テーマもそういう色がとても強い気がしました。そういった観点からも楽しめる作品でした。

オペラ座の怪人は荘厳な感動が、コーラスラインは軽やかで華やかで清々しい感動があったのですが、このキャッツは、じわじわと来る感動がありました。また観てみたいな。おススメです。

↓眼力負けた。。(笑) よく見ると、瞳は人が踊っているのです。
20120129154000


私が観た時のキャスト

■『キャッツ』 (キヤノン・キャッツ・シアター)

グリザベラ : 佐渡寧子
ジェリーロラム=グリドルボーン : 朴 慶弥
ジェニエニドッツ : 鈴木釉佳之
ランペルティーザ : 石栗絵理
ディミータ : 坂田加奈子
ボンバルリーナ : 増本 藍
シラバブ : 五所真理子
タントミール : 高倉恵美
ジェミマ : 撫佐仁美
ヴィクトリア : 斉藤美絵子
カッサンドラ : 大口朋子
オールドデュトロノミー : 青井緑平
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ : 橋元聖地
マンカストラップ : 武藤 寛
ラム・タム・タガー : 田邊真也
ミストフェリーズ : 松島勇気
マンゴジェリー :  龍澤虎太郎
スキンブルシャンクス : 三雲 肇
コリコパット : 入江航平
ランパスキャット : 高城将一
カーバケッティ : 齊藤太一
ギルバート : 安江洋介
マキャヴィティ : 金久 烈
タンブルブルータス : 松永隆志

« テーブルウェアフェスティバル2012♪ 洋テイスト | Main | ものすごくうるさくて、ありえないほど近い »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82386/53864336

Listed below are links to weblogs that reference 劇団四季ミュージカル CATS (感想):

« テーブルウェアフェスティバル2012♪ 洋テイスト | Main | ものすごくうるさくて、ありえないほど近い »

リンク

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールフォーム

  • お気軽に問い合わせ下さい♪

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ