« エスティローダーのダブルウェア | Main | 雪花秀 韓国コスメ »

August 03, 2011

遠藤周作展

かな~り遡りますが、ゴールデンウィークに「遠藤周作展」を見に、県立近代文学館に行って来ました。
みなとの見える丘公園の中にあります。
神奈川県に文学館があるとは知らなかった。。。

Dsc00019

さて、遠藤周作ですが、大学の頃に授業でやってから、尊敬する人は遠藤周作になりました。
亡くなった時には、本気でイグナチオ教会に参列しようと思ったくらい。。。
「沈黙」は、多分自分の人生でなんらかの影響を受けていると思います。
それから、エッセイを読みあさって、もっとファンになりました。遠藤周作先生の人生観に、多分、かなりの影響は受けてると思います。いつも苦しい時でもいつもユーモアを忘れないでいたい、、と思ったわけで。。
亡くなって15年も経つのかぁ、、、早いものだな、、と思いました。

そんなワケで、遠藤周作展、じっくり見てきましたョ。
あの頃の青春でもあったわけで、懐かしくもあり。。
直筆とかの原稿とかに少しカンドーです。

そして、やっぱり今回も素晴らしい言葉に、足が止まりました。

=================
その時、誰かが手を握ってやる。

手を握られた者は自分の苦しみや痛みがこのつなぎ合わされた手を通して、相手に伝わっていくのを感じる。
だれかが、自分の苦しみや痛みをわかち持とうとするのを感じる。

彼の孤独感はその時、いやされる。

―「満潮の時刻」から―
=================

Dsc00018

病気の時に書いた文章のようですが、遠藤周作の世界観がとっても出ていて、病気の人だけでなく、あらゆる人向けの言葉だと思うのですね。

名言。。

と思いませんか?

あぁ、、本当にそうだよね。。って思うのです。

遠藤周作先生に色紙にこの言葉を書いてもらいたかった。。。

誰かが落ち込んだ時、その誰かの手を握って、この言葉を言ってあげて下さい。
「遠藤周作が言っていたんだけど。。」って。

Dsc00020


Dsc00017
みなとの見える丘公園。すっごい晴れてて気持ちの良い日でした。

« エスティローダーのダブルウェア | Main | 雪花秀 韓国コスメ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82386/51980710

Listed below are links to weblogs that reference 遠藤周作展:

« エスティローダーのダブルウェア | Main | 雪花秀 韓国コスメ »

リンク

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールフォーム

  • お気軽に問い合わせ下さい♪

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ